トップバナー

11月

171127 そして離島にも行ってきました。本部港から伊江島行のフェリーに乗り、グスク山へ。写真を撮ったところまで行くのに港から上り坂で約40分、写真の上の頂上まで階段を15分登りヘトヘト…でも島を一望できる景色には感動しました。たまにはこのような観光もいいものですね!運動部であろう修学旅行の高校生が限界と登っていたので日頃の運動不足ではなく険しい山だと確信しました…。。

171126 沖縄に行ったら城跡を一度みてみたいと数年…城壁の曲面に心惹かれ勝連城跡へ。城に行ったらいつも登りながら考えるのですがこれを建てた動力がすごいなと…今、建てることができないからこそ魅力に感じます。下から見上げた景色は迫力があり渋い興味を押してでも行ったかいがありました。

171125 沖縄へ行ってきました!11月下旬暖かいと思いきや天気もどんよりで気温が20度以下…暖かいと期待していたのですが…観光、沖縄料理堪能してきました。

171116 京都駅横ホテルのチョコレートビュッフェへ!このチョコレートおいしそう…どこでも写真撮っても絵になる!と4人ではしゃぎ堪能しました。チョコレート好きにはたまりません…!可愛らしさよりチョコレートが1番の私。久しぶりに行きましたが楽しいですね~!

10月

170722 久しぶり何か建物を見に行きたい・・・ということで、六甲ガーデンテラスの中にある自然体感展望台六甲枝垂れに行ってきました。六甲山の地形を観察し[水][空気][太陽]など[動く素材]が遮るものがないことも特徴の1つと考えられて、[素材]を生かす構造で建てられています。是非見てほしいのは中の構造で、ヒノキ板が筒状に1枚1枚並べられ[水][空気][太陽]が感じることができ落ち着いたこの空間が美しいのです…!!10月の日中25℃以上のときでも夜となると標高があるので15℃以下、自然体感展望台と書いていることもあって本当に寒かったです。イベントを楽しみたい方は夕方頃、建物を楽しみたい方はお昼に行くことをお勧めします。

8月

170722 嵐山-高雄パークウェイに懐かしのベンチがあり写真を撮りました。ある電車のホームにあったベンチです。小さい頃から長い間お世話になっていてベンチが変わったときには寂しさを感じたものでした…。なぜここに設置しようと思ったのか不思議ですが再利用してまたお目にかかることができるのは嬉しいものです。

170722 少し体を動かそうと嵐山-高雄パークウェイへ!サイクルモノレールに乗り、京都市内の街並みを見て、山道を歩いたりしました。トランポリンやアスレチック、少し離れたところにはドッグランやBBQ、ボートに乗ったりといろんなことができます。菖蒲谷池にはカモがいて近づいても逃げず人慣れしています。足こぎボートの後ろについて泳いでいる姿には驚きました。すべり台が暑くなって滑られないなど懐かしい感覚を思い出し余韻に浸ってました。この時期日中は暑いのでヘトヘト。甘いものを求めカフェに直行、女子会になりました…。

170722 あんかけスパゲッティというものを初めて食べました。トマトベースのソースに焼いたパスタ麺をまぜて食べるというもので名古屋の名物らしいのです…。友達いわく名古屋って言ったらあんかけスパゲッティだと…懐かしそうに食べてました!パスタやのになにか微妙に感覚が違う…。新鮮な感覚でした。

7月

170722 郡上八幡でシルクスクリーン体験をしてきました!家の前には小川が流れ鯉がいて雰囲気がある城下町で三日間休みなく踊り続ける盆踊りも有名です。ここがシルクスクリーンの発祥の地ということを初めて知りました。トートバック、手ぬぐいが選べ数種類模様の型版があり、印刷したいところに置いてゴムのヘラで数回インクを通し乾かして完成!貴重な体験ができました!このようなことをすることはめったにないので体験したときにいろいろと質問しとけばよかった…と後悔…。盆踊りの正装として手ぬぐいが必要なのでこの影響で発展したのかもしれないですね。

170722 つるっとした太麺にだし醤油ベースのうどん。伊勢名物、伊勢うどんを食べてきました!麺をゆでる時間が長いのでコシがあるというよりふんわりとしています。ネギなどの薬味のみで食べることが多いようです。伊勢といえば海鮮・赤福などが有名ですが伊勢神宮のお参りついでにいかがですか?伊勢うどんを食べたあとには讃岐うどんを食べに行きたくなりました…(笑)

写真 岐阜県多治見市にあるモザイクタイル美術館に行ってきました。タイルアート、タイルの作る工程歴史を展示しタイルのパターンが置いていてさまざまなサンプルが自由に見ることができます。2Fから屋上までの1筋につながっている階段も上がっているときにワクワクし、でも静かで異空間にいるようでした。中では写真立てなどタイルの貼り付けてアレンジできる体験ができ親子でにぎわっていました!タイルが好きでなくてもわからなくても楽しめます。
Top / Home

会社情報