Vol.3「行天宮」旅のお守りの巻

写真

さて、台湾一周を自転車で廻ろう!と言うが、そもそも自転車に乗れるのか?がわからない。もちろん現在も会社までは自転車で通っているがそれはわずか1kmの話だ。高校時代、学校まで毎日片道13kmの道のりを往復していた。その頃はただ田舎の学生の交通手段がそれしかなかったから仕方なかったが、何をしなくても目的地にたどり着けるような電車やバスのほうがいいに決まっている。10年前「盛る自分」を始めて、40歳になる前に初めてのマラソンに挑戦しようとホノルルまで行ってみたが、「あれからマラソンを続けているの?」と「痩せたの?」などと聞かれるがそんなことは一向になく。むしろ会社の引っ越しで大量の荷物を運んでから腰の調子が悪く、さらに台風19号の強風でベランダのオリーブの鉢植えと一緒に吹き飛ばされてから状況は悪化した。それはそうと台湾に行くと時間のゆるす限り行く場所がある。台北市民權東路二段にある「行天宮」というお寺だがここには三国志で有名な関羽が奉られている。商売や勝負の神様ということだが台北はもとより台湾全土からたくさんの人が参拝する。出来たらここを旅のお守りとして、旅の始まりにしたいと勝手に思っている。